私の債務整理 あくまでも私の場合

私は、事業を失敗しました。飲食のお店を2000万円かけて出しましたが、2年で閉店しました。その時の負債額は約1500万円でした。銀行に1000万円 クレジット系のカードローンで400万円あと100万円は業者やアルバイト代でした。仕方がないのでまず、職につきました。そして土日や空いた時間はアルバイトをしました。まず、逃げない、少しでも毎月支払うと業者さんやアルバイトに文書で伝え頭を下げました。クレジット系のカードローン会社にも電話をかけて、支払いの交渉をしました。債務整理の最後は銀行です。銀行は今法律が出来て、無理な取り立てをしないようになっているので、利子だけで2年間支払いを止めてもらっています。その間に業者、アルバイトは支払い終わりました。クレジットローンも半分になりました。2年間で返済はこんなものです。ただ、私は逃げない意志を常に伝え、電話もきちんと出ました。そして電話に出れなかった時には必ず折り返しました。だんだんどの担当者も態度をゆるめ「無理しないように」とか「カラダをこわさないように」と声をかけてくれるようになりました。2年間で返済できたのは350万くらいですが、自分の責任なので、あと5年はこのペースで頑張ろうと思っています。私は家を建てているので、自己破産は全く考えませんでしたし、債務整理で弁護士にも相談しませんでした。負債額がもっと多かったら無理だったかもしれません。何よりもこうなると自分の味方、味方ではない人というのがはっきりわかり、人間関係の整理もできました。これが私にとって一番有効だった債務整理でしょうか。

青山メインランド

浮気調査 夫

大規模修繕